菊池和晃

Kikuchi Kazuaki

菊池和晃は、美術史から参照したイメージを生産するためにマシンを自作で製作し、それを自身が肉体を酷使して稼働させることで、マシンと身体とが一体化し生産物としてイメージを制作している。単にイメージの複製ということだけではなく、自身と芸術との「連動」を可視化する為の装置--マシン、パフォーマンス、ペインティングでもある。

WORKS

経歴

2016 成安造形大学 美術領域 現代アートコース 卒業
2018 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 絵画専攻 構想設計クラス卒業

受賞

2021 LUMINE meets ART AWARD 2020-2021 グランプリ受賞
2020 Kyoto Art for Tomorrow 2020 -京都府新鋭選抜展- 優秀賞受賞
2018 京都市立芸術大学作品展 大学院市長賞受賞
2016 成安造形大学卒業制作展 優秀賞受賞

個展

2020 「Draw the City」 KUNST ARZT、京都
「Draw a Circle」 The Third Gallery Aya、大阪
2019 「Muscle」The Third Gallery Aya、大阪
2016 菊池和晃+にしなつみ「KISS」 KUNST ARZT、京都
2014 「箱の中に在る表面」成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーキューブ、滋賀

グループ展

2021 「表裏のバイパス」藤井大丸 ブラックストレージ、京都
2020 「ニューミューテーション #3. 菊池和晃・黒川岳・柳瀬安里」京都芸術センター、京都
「京芸 transmit program 2020」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、京都
「time lake -シングルスクリーン/取り巻く息を吐く瞬間-」The Third Gallery Aya、大阪
「Kyoto Art for Tomorrow 2020 -京都府新鋭選抜展-」京都文化博物館、京都
2019 「超暴力展」山下ビル、愛知
2018 「京都市立芸術大学作品展」京都市立芸術大学、京都
「エイリアスーコレイガイノスベテー」+1art、大阪
「​以"身"伝心 からだから、はじめてみる」ボーダレスアートミュージアムNO-MA、滋賀
2018 秋の芸術月間 セイアンアーツアテンション11「playing BODY player」成安造形大学【キャンパスが美術館】アートサイト、滋賀
2017 「京都市立芸術大学作品展」京都市美術館、京都
若手芸術家支援企画 1floor2017 「合目的的不毛論」神戸アートビレッジセンター、兵庫
「Vvk20 ウォーホル美術」KUNST ARZT、京都
2016 「成安造形大学卒業制作展」京都市美術館、京都
「SELECTION 卒業制作展」成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーキューブ、滋賀
第9回おてらハプン!「よりみち」滋賀
2015 「成安造形大学 卒業・進級制作展」京都市美術館、京都
「第8回おてらハプン!~無限大~」東光寺、滋賀
「パフォーマンス・アートの現在、ニパフの現在」ニパゲン大阪、大阪
第18回ニパフアジア・パフォーマンスアート連続展 「アジアの熱と自由と芸術と」東京、大阪
「西村礼美メイクフォトプロジェクト リメイク展」成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーアートサイト、滋賀
「Merry Culture Day!Here is Ohyama.」SUBTERRANEAN、東京
2014 「箱の中に在る表面」gallery ARTISLONG、京都
「主張てん」gallery ARTISLONG、京都
2013 「NEXT STAGE」成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーフォレスト、滋賀
「花山天文台 Galleryweek」花山天文台、京都
「余呉まるごと里山芸術村 2013」余呉小学校、滋賀
「クズ展」成安造形大学【キャンパスが美術館】バスストップギャラリー、滋賀

アートフェア

2022 「HIBIYA OKUROJI ART FAIR 2022」日比谷Okuroji、東京
2021 「DELTA 2021」シーサイドスタジオCASO、大阪

BIBLIOGRAPHY

2020 インタビュー|「KYOTO ART LOUNGE 2020-2021」
PAGETOP
SNS Twitter / Facebook / Instagram