okinawan portraits 2012–2016

石川 竜一

2016.10.18[火]-11.12[土]
火曜 - 金曜 12:00 –19:00 土曜 12:00–17:00

10月の展覧会は、昨年に引き続き 石川竜一による個展「okinawan portraits 2012–2016」を開催致します。
昨年の個展以降も2冊の写真集を発行し、美術館やギャラリーでの個展やグループ展だけでなく、フォトフェスタなどにも参加し活躍の幅をひろげています。
今回私方では昨年展示した「okinawan portraits 2010–2012」以降に撮影されたものを発表致します。余分なものが入りこまない正方形のフォーマットから、沖縄の人々とその後ろの風景をも見ることができる長方形のフォーマットになり、その視線は、より奥深いレイヤーを捉えたものに変化しました。
是非、多くの方々に見て頂きたく思います。

協力:赤々舎
赤々舎 刊 石川竜一写真集「okinawan portraits 2012–2016」5,400円(税込)

トークイベント|
 遠藤水城(インディペンデント・キュレーター) × 石川竜一
 日 時|10月22日[土]17:30–19:00
 参加費|1000円(1ドリンク付き・税込)    
 定 員|25人(要予約)
 申込先|tamaki(at)thethirdgalleryaya.com / 06–6445–3557
 会 場|The Third Gallery Aya

_______

Artist Statement
あなたは誰ですか。
私はこの景色です。
あなたは誰ですか。
私はこの音です。
あなたは誰ですか。
私はこの香りです。
あなたは誰ですか。
私はこの痛みです。
あなたは誰ですか。
社会です。
あなたは誰ですか。
歴史です。
あなたは誰ですか。
私はあなたです。
私は誰ですか。
あなたは私です。そして、私が決して知ることのできない何者かです。
あなたはここまで来て、ここから行くのです。

宇宙(ひと)の前に突っ立つ。目の前の宇宙は二本の足によって世界と繋がっている。目の前にも背後にも、見渡す限り世界が広がっている。その世界もまた、幾重にも重なり宇宙へと繋がっている。世界が生まれたとき、宇宙では何が起こったのか。赤ん坊が立つとき、世界で何が起こっているのか。震える膝に力を込めて、朦朧とする意識を両手で整えて。手首で脈打つ両手では数え切れないほどの時間。2つの目だけでは見渡すことの出来ないほど深い意識。1.4kgの脳みそに詰め込まれた無限の存在と、そのなかで生まれる偶然と矛盾。動き続ける世界ですれ違う宇宙。

誰もが孤独な宇宙の中で、その命を削ることによって存在している。その星屑のように舞い上がる削りカスのなかに立ったとき、美しさを問うことはあまりに儚く、自由を問うことはあまりに虚しく、正しさを問うことはあまりに脆い。ただただただ。ひたすらに。生きる術を探す。私は私である。

石川竜一

経歴

1984 沖縄県生まれ
2006 沖縄国際大学科社会文化学科卒業
沖縄県在住

主な個展

2022 「いのちのうちがわ」The Third Gallery Aya、大阪
2021 「いのちのうちがわ」Saiart、東京
「草の肌」ギャラリーKTO、東京
2019 「home work」The Third Gallery Aya、大阪
2018 「OUTREMER|群青」The Third Gallery Aya、大阪
「zkop: a blessing in disguise」Yamamoto Keiko Rochaix、ロンドン
「home work」地点、京都
「adrenamix」PIN-UP、宜野湾
2017 「草に沖に」地点、京都
「OUTREMER/群青」アツコバルー arts drinks talk 、東京
2016 「Camp & Okinawa」Have a nice GALLERY、台北
「Camp」Wag Gallery、東京
「考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一展」横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川
「okinawan portraits 2012-2016」三菱地所アルティアム、福岡
「okinawan portraits 2012-2016」The Third Gallery Aya、大阪
「okinawan portraits 2012-2016」AM、東京
「okinawan portraits 2012-2016」エプソンイメージングギャラリー エプサイト、東京
2015 「+zkop」沖縄コンテンポラリーアートセンター、那覇
「adrenamix」新宿フォト&バーnagune、東京
「A Grand Polyphony」Galerie Nord、パリ
「絶景のポリフォニー」大阪ニコンサロン、大阪
「okinawan portraits」The Third Gallery Aya、大阪
2014 「絶景のポリフォニー」、銀座ニコンサロン、東京
「okinawan portraits 2010-2012」Place M、東京
「zkop」アツコバルー、東京
「RYUICHI ISHIKAWA」gallery ラファイエット、沖縄
2010 「瞑」(写真、コンテンポラリーダンス)ギャラリーoMac、那覇
「脳みそポートレイト」沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー、那覇

主なグループ展

2021 「想像力という<資本>」もうひとつの京都 、八幡
石川竜一・森ナナ「絶景の瞬間」The 5th Floor、東京
2020 「Decades 2000_2020」Kana Kawanishi Gallery、東京
2019 「Fotografia Europea 2019」Chiostri di San Pietro、レッジョ・エミリア
「Oh!マツリ★ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」兵庫県立美術館、神戸
「作家と現在 ARTISTS TODAY」沖縄県立博物館・美術館、那覇
「Reborn Art Festival 2019」石巻
2018 石川直樹・石川竜一写真展「Top End2」斜里町公民館ゆめホール知床、斜里
2017 「日産アートアワード2017:ファイナリスト5名による新作展」BankART Studio NYK、横浜
「Looking at Borders」Casa Asia、キューバ
「Looking at Borders」ロシア国立東洋美術館、モスクワ
2016 「六本木クロッシング2016展 僕の身体、あなたの声」森美術館、東京
「ドバイ・フォト」Dubai Design District、ドバイ
「東北 沖縄」伊藤忠青山アートスクエア、東京
「BODY/PLAY/POLITICS」横浜美術館、横浜
「OKINAWA : UNE EXCEPTION JAPONAISE 」Le Plac'Art Photo、パリ
2015 「木村伊兵衛写真賞40周年記念展」川崎市民ミュージアム、川崎
「叢×10」NADiff A/P/A/R/T、東京
「日本写真協会賞受賞作品展」富士フイルムフォトサロン、東京
「第40回木村伊兵衛写真賞受賞作品賞展」新宿コニカミノルタプラザ、東京
「portraits」The Third Gallery Aya、大阪
2014 「show case #3」eN arts、京都
「森山大道ポートフォリオレビュー展」沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー、那覇
2013 「Fragments 3」(写真、コンテンポラリーダンス)沖縄県立博物館・美術館1F県民ギャラリー、那覇
2012 「沖縄本土復帰40周年写真展 Okinawa 0 Point」

アートフェア

2021 「ART OSAKA 2021」大阪市中央公会堂、大阪
2018 「daikanyama photo fair 2018」代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ、東京
「ART OSAKA 2018」ホテルグランヴィア大阪、大阪

出版

2021 『いのちのうちがわ』赤々舎
2016 『Camp』Slant
『okinawan portraits 2012–2016』赤々舎
2015 『adrenamix』赤々舎
2014 『絶景のポリフォニー』赤々舎
『okinawan portraits 2010–2012』赤々舎
2013 『しば正龍 女形の魅力』自費出版
2010 『SHIBA 踊る惑星』自費出版
PAGETOP
SNS Twitter / Facebook / Instagram