CURRENT EXHIBITIONS

voice training

片山達貴

6月から7月にかけての展覧会は、2006年よりスタートした若手作家を紹介するプロジェクト「824」から、大八木夏生、片山達貴、福田真知のそれぞれの個展を連続して開催致します。   
 今回展示する作品では昨年度、卒業制作で発表した作品の派生として「声」を主なテーマに制作された新作を発表いたします。
 片山は、中国語話者である義母と中国語の発音練習を繰り返し行った映像作品《口づくり》を通し、「声」そのものに隠れている様々な情報、例えば言語特有の口や発声方法、テンポやボリュームであり、または文化そのものであるということを発見しました。また、その「声」には個人から発せられる身体の特徴によるものや、個人の性格によるトーンや声質、または性格を表す口調であると言うことができます。
 今回発表する新作《ボイストレーニング》では、成人男性2人が発声しながら口や鼻、喉などを接触し合い、お互いの声を操り合う様子を記録した映像作品を発表します。実際のボイストレーニングの方法を参照しながら行った映像からは、互いが声をコントロールしようとする状況を撮影することにより、身体をめぐる声の変化のありようを探るものであります。

2018年6月19日[火]-6月30日[土]
火曜-金曜 12:00–19:00 土曜 12:00–17:00

READ MORE

PAGETOP