児玉房子の「大阪」

児玉房子|KODAMA Fusako

2023年1月28日(土)-2月25日(土)
水曜-金曜 12:00–19:00 土曜 12:00–17:00
火曜 by Appointment only

©︎ KODAMA Fusako

2023年の第一弾は「児玉房子の「大阪」」展を開催いたします。
児玉は桑沢デザイン研究所・写真専攻科で学び、以後東京を拠点に活動してきました。そのため和歌山県の出身で、関西で撮影した写真があったことはあまり知られていません。
今回は児玉のデビュー作ともいえる〈Osaka’ 69〉も含め、原点とも言える「大阪」を撮った作品を発掘し、展示いたします。一貫して感じられる街と人への好奇心は、ここでも健在です。
1960年代の「大阪」の街へ、我々を誘ってくれることでしょう。

トークイベント|
糸川燿史(写真家)+児玉房子

日 時|2月23日(木・祝)17:00–18:30
参加費|1,500円
会 場|The Third Gallery Aya(5名)/YouTube配信
申込先|こちら/06-6445-3557
*お申し込み後に詳細をご案内いたします
*ギャラリーを会場に配信いたします

___

毎年1月末に開催している、弊廊が入る若狭ビルの合同オープニングパーティ「January Party」は今年も開催致しませんが、若狭ビル内4ギャラリーの展示を同時期に拝見いただけます。
参加ギャラリー|Calo Bookshop & Cafe (5F), SAI GALLERY (4F), Yoshimi Arts (3F), The Third Gallery Aya (2F)

児玉 房子

経歴

1945 和歌山市に生まれる
1967 桑沢デザイン研究所・写真科卒業
1970 「世界写真年鑑」(平凡社刊)“若い眼”に選出
富士ゼロックスPR誌「グラフィケーション」、新聞、単行本に写真発表

受賞

1993 日本写真協会年度賞
1995 第三回桑沢賞

主な個展

2018 「criteria」The Third Gallery Aya、大阪
2017 「千年後には、東京」The Third Gallery Aya、大阪
2007 「希望の現在」銀座ニコンサロン、東京
1997 「東京郊外」アートグラフギャラリー、東京
1993 「花ざかりの頃、街の人々」相鉄ギャラリー、横浜
1992 「東京キネティック」銀座ニコンサロン、東京
1991 「TOKYO PHOTOGRAPHS」オリンパスギャラリー、東京
1990 「クライテリア」ギャラリ・ヴェリタ、東京

主なグループ展

2021 「ART OSAKA 2021」大阪市中央公会堂、大阪
「Paris Photo 2021」Grand Palais Ephémère、パリ
2019 「Paris Photo 2019」Grand Palais、パリ
2018 「daikanyama photo fair 2018」代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ、東京
「ART in PARK HOTEL TOKYO 2018」パークホテル東京、東京
2012 「White Future:Thinking of Nuclear」GoEun Museum of Photography、釜山
1999 「大辻清司と15人の写真家たち」東京造形大学附属美術館、東京
1998 「女性写真家のまなざし」東京都写真美術館、東京
1993 「About Bigcitys」nGbK、ベルリン
1977 「11人のイタリア写真家と11人の日本写真家」イタリア文化会館、東京
1970 「視圏」銀座ニコンサロン、東京

出版

1992 『千年後には、東京』現代書館
1990 『クライテリア』IPC

パブリックコレクション

東京都写真美術館
PAGETOP
SNS Twitter / Facebook / Instagram